スーツの襟のあたりにパラパラしたフケが…
そのような乾性フケの正体は、乾燥して剥がれ落ちた角質です。

空気の乾燥のほか、ストレスや不規則な生活、さらには病気などの内的な要因によってフケが出ることが多いです。
また、シャンプーやカラーリングによる頭皮の肌荒れなどさまざまな要因によっても起こります。

・季節的要因
乾性フケが増えやすい季節は冬です。これは空気の乾燥が原因です。
肌や頭皮にとって快適といわれる湿度は60~65%ですが、10月から5月になるまで60%を上回ることがありません。
つまり1年のうち7カ月は、乾燥の季節が続くということです。
寒さによって血行不良になると、肌や頭皮の乾燥はますます進みます。
しかし、暖房をつけると、部屋の湿度は一気には20%台まで下がることもあります。
冬の熱いお風呂も皮脂を奪う原因となり、乾燥はさらにエスカレートするのです。

・体調不良
頭皮は生活習慣の影響がダイレクトに出やすい部分です。
ストレスフルな生活や睡眠不足、脂っぽい食事が続いてしまうと、フケがさらにひどくなる場合があります。
体がストレスを感じると自律神経の働きが弱まり、循環器、リンパといった「体のめぐり」が悪化します。
末端に十分な栄養分や酸素を届けられずに、頭皮が荒れてしまうのです。

・加齢
年をとると、若いころのようにお肌のしっとり感はなくなってきます。
これは角質層の間を埋めていた細胞間脂質や、真皮層で肌のハリを保っていたコラーゲン、さらにはヒアルロン酸の量が減っていくのが原因です。
全身の皮膚に同じことが起こるので、当然ですが頭皮も弾力を失ってしまい、潤いがなくなるにつれてフケが増えていくのです。

老化によるフケの原因

老化

若い頃よりフケが増えたと感じることはないでしょうか。
毎日きちんとシャンプーをしていても、フケが増えたように感じることがあります。

それは、頭皮が老化しているからなのかもしれません。
フケは、新陳代謝によって頭皮の古い角質細胞がはがれたものです。

これは、年齢に関係なく発生します。
ところが、頭皮環境が悪化してくると、シャンプーでは洗い流しきれないほど、フケが大量に発生し、さらには大きな固まりとなることがあります。

個人差はあるのですが、頭皮は顔や体の皮膚と同様、年齢を重ねると、皮膚細胞の新陳代謝の周期が次第に遅くなります。
健康な新しい皮膚への生まれ変わりが遅くなると、頭皮のトラブルを招く恐れがあるのです。

また、加齢によって、皮脂の分泌量が減少していきます。
そうなると、頭皮の水分の蒸発を防いでくれる皮脂膜が不足して、頭皮が乾燥してしまい、それによってダメージを与えてしまうのです。

このように、加齢は頭皮の環境を悪化させるとともに、フケを増やす可能性があるのです。
それでも、体の外と中からケアを行うことで、頭皮の状態を正常に戻せば、フケを減らすことができます。
フケを減らして、美しく健やかな頭皮と髪を手に入れましょう。

シャンプーや育毛剤が原因の可能性も

フケを落とそうとして、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を必要以上に落とすので、頭皮を保護する力が弱まり、水分が蒸発してしまうのです。
すると、頭皮がもっと乾燥し、より一層フケが増える原因になります

育毛剤を使い始めたと同時に起こったのでしたら、それは副作用かもしれません。
確かに、育毛剤の中には刺激となる成分が配合されているものもあります。

そのため、もともと肌の弱い人はかゆみやかぶれが発生することもあるのです。
育毛剤には1回あたりの使用量というものが決められています。
そのフケの原因、もしかしたら育毛剤の塗りすぎかもしれません。

なぜ育毛剤を塗りすぎるとフケが増えるのでしょうか。
もし仮に育毛剤の塗りすぎが原因だとすると、どうしてフケが起こるのでしょうか。

頭皮が荒れてしまうから
育毛剤は頭皮にある髪の毛の細胞に働きかけて強く太い毛を育てることが目的です。
そのため、1回の効果が発揮できるように、決められた使用量というものがあるのです。

それ以上に使いすぎてしまうと、育毛剤の中の成分によって頭皮が荒れてしまう事があります。
フケは古くなって頭皮からはがれ落ちた細胞です。
フケが生じるということは新陳代謝が活発になった証拠でもあるのです。
しかし、あまりに大量のフケが出る場合は、刺激によって細胞が剥がれ落ちている状態だと言えますね。

発毛剤が頭皮を刺激してフケの原因に

発毛剤などでフケが改善できる理由は、頭皮の環境を整える成分が配合されているからです。
そのままにしておくと皮脂が毛穴につまって、発毛を邪魔してしまうのです。
そのため、過剰な皮脂の分泌をおさえる成分が、発毛剤には配合されているのです。

頭皮の炎症を抑える成分が配合されている
さらに発毛剤でフケが改善できる理由は、頭皮の炎症を抑える成分が配合されていることです。
たとえば、脂漏性皮膚炎による炎症では、頭皮が赤みを持ちかゆみが起こります。

乾燥性皮膚炎では頭皮が乾燥してかさかさになるので、痛みを感じることもあります。
そんなトラブルの起こりがちな頭皮の炎症をおさえる成分で、フケの発生を防いでいるのです。

無添加であること
発毛剤に余分な添加物などの成分が入っていると、それが原因でフケを起こすことがあります。
だからこそ、育毛剤は添加物を一切使っていないことが望ましいのです。
無添加処方でしたら、敏感肌の人でも安全に育毛することができます。
頭皮にとって安心な発毛剤を選ぶようにしましょう。

頭皮環境を整えるとフケは絶対に出ないのか?

フケ知らずの健やかな頭皮環境を目指して、まずは育毛剤の使い方の見直しをしましょう。

育毛剤によってフケが起こる…
そんなことがあれば、育毛剤を使う事自体が怖くなってしまう人もいるでしょう。

それでも、フケの原因は育毛剤だけではないということはすでにわかっています。
正しい育毛剤の使い方と選び方によって、フケ知らずの健やかな頭皮を保つことができるのです。

良い状態の頭皮に改善したら、髪の毛が生えてくるのが楽しみにもなりますね。
頭皮環境を整えることで、皮脂量が安定します。

フケが全く出ないということは考えられないのですが、皮脂量が安定するとフケの量をしっかりと抑えてくれるのです。