抜け毛予防

おでこが広いとハゲやすいって本当?実際は・・・

脱毛が進行して、おでこが広くなってしまった場合、現代においては発毛や育毛など、お金と時間を費やせばなんとか自分の髪の毛の量を取り戻すことができます。


さらに短期間で改善したいのであれば、カツラや植毛といった方法もあります。
しかし、生まれつきおでこが広い場合はどうでしょうか。


もともと、おでこが広いと薄毛といった問題では無く、発毛治療法や育毛剤などを利用しても効果は期待できません。


それでも、脱毛などが原因で無く、周囲の人よりも少しおでこが広い程度であればヘアスタイルなどでカバーできるでしょう。


おでこが広いと感じる一番の理由はバランスと考えていいです。
おでこが何センチ広いから薄毛というわけではありません。


見た目のバランスがよければ何の問題もないのです。
おでこが広いからと言って前髪を垂らすような対応は、見た目にもとても不自然に見られます。
却って、おでこの広さが際立って見えるようになってしまうのです。


それでは、おでこの広さが薄毛に関係するのかということですが、男性のほとんどは加齢とともに薄毛が進行していきます。


これは薄毛の発症年齢が早いか遅いかというだけなのです。
それを考えると、おでこの広い人は、少しでも薄毛が始まってしまうと途端にそれが目立ってしまうことになります。


そういった意味では、おでこの広さは薄毛に関係すると言ってもいいでしょう。

若気のいたりで入れた剃り込みは将来M字ハゲの原因に!


M字ハゲというのは、男性型脱毛症の典型的な症状と考えていいでしょう。
これは、おでこの左右の頭髪が薄くなって生えぎわが後退してしまい、中央の部分だけが残るハゲ方です。


アルファベットのM字に例えて、M字ハゲという言葉ができました。
M字というのは、遺伝的要素が強いとされています。
頭の生えぎわは親に似ていることからそれは間違いないでしょう。


また、若いときに無理矢理、剃り込みを入れていた人はどうでしょうか。


カミソリなどで剃っている分には問題はそれほど大きくはならないのですが、毛抜きなどでしょっちゅう抜いていたという人は毛根が傷つき、さらには毛根が死に絶えてしまう場合も多く、それが原因でM字ハゲになることは否定できません。


剃り込みを入れる週間ができていて、そこから頭髪が生えずに、M字ハゲが進行している場合は、そこからハゲている部分に毛が生えてくる可能性はきわめて低いと言わざるをえません。


それでも、しないよりはしたほうがいいので、育毛剤などに頼るといいでしょう。
M字ハゲの進行を食い止めるためにも、育毛剤などの活用はとても有効です。


また、言い古された言葉ですが、生活が規則正しくないと男性型脱毛症が進行するのは間違いありません。
普段の食生活から睡眠時間、さらにはストレスなど改善できる部分はしっかりと改善することが大切です。


育毛剤と生活習慣の改善を行うことで薄毛の進行を食い止めることができるのです。

若い頃の頭皮ダメージは将来の薄毛の原因


若い頃から、頭髪に剃り込みを入れていたり、染めたりマニキュアをしていたり、さらにはヘアアイロンをしていた場合などは、その部分が将来的にも薄毛の部分となってしまうのです。


剃り込みや脱色などが薄毛の原因になるということははっきりしています。


また、ヘアアイロンなどの熱によって薄毛になることは多いでしょう。
このことから、10代や20代の頃の頭皮へ与えるダメージは確実に薄毛の原因となってしまうのです。


そのため、若い頃からの予防対策というのが必要になります。
髪にダメージを与えるのは避けるようにしましょう。


具体的にはパーマやヘアカラーなどを控えることが大切です。
これらは確実に頭皮にダメージを与えますので、薄毛に特に悩んでいる人は控えるようにしたほうがいいでしょう。


そして、薄毛になってから頭皮マッサージなどをする人がいますが、薄毛になる前から頭皮マッサージを習慣づけるようにしたほうがいいです。

芸能人の間ではもう常識?AGAの治療法とは?

薄毛の印象はそれほどいいものではありません。
それが、テレビ出演など露出が多い仕事である芸能人にとっては尚更でしょう。


そこで、芸能人が好んで行うAGA対策がAGA治療です。
AGAの値用には大きく分けて2種類があります。


1つ目の治療法は、頭髪の発毛や育毛を促す治療薬を服用することです。


または外用薬を頭皮に塗布する方法などもあります。
代表的な治療薬として処方されるのは、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬です。
いずれも厚生労働省からその効果を認められているものです。


プロペシアというのは製品名で、プロペシアに含まれる育毛成分である、フィナステリドがAGAを引き起こす原因となるDHTのはたらきを抑制するのです。
また、外用薬であるミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることによって発毛を促す効果があります。


そして2つ目の治療法ですが、これは、施術を伴う方法です。
AGA治療薬や、髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入する方法です。
発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」は、現在、新しいAGA治療法として注目を浴びている施術です。


そして後頭部など、髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取して、毛根のない薄毛の部分に移植する「自毛植毛」という方法もあります。


植毛では人工毛を植毛した場合、皮膚トラブルやアレルギーを引き起こやすいという欠点がありました。
それが、自毛植毛の場合では自分の細胞を移植するのですから、皮膚トラブルやアレルギーはほとんどないのが特徴です。

専門病院で受けられるAGA治療


AGAの治療法は大きく分けて2種類ですが、人それぞれ薄毛の原因や進行状況などは異なるのが普通です。
というよりも薄毛に悩む人の数だけ対処方法が違ってくると考えていいでしょう。


むやみに治療薬などを服用しても、自分の薄毛の症状に合っていなければ意味がありません。
ですので、自分にとって最適な治療法を事前に理解しておくことが大切なのです。


そのためにも、一度しっかりと医師の診察を受けておいたほうがいいでしょう。
AGA治療は皮膚科などの専門病院で受けることができます。


また、数あるクリニックの中でも、特にオーダーメイド処方や独自の治療法など、一人ひとりの薄毛に適した治療が受けられる専門病院を選ぶようにしましょう。


まずは、自分一人で薄毛に対して悩んでいても、それが解決策に結びつくことはありませ。
人知れず、育毛剤などを使ってもそれが継続しなくては意味がありません。


また、それが薄毛に対して有効なのかどうかも素人の目には判断がつかないのが普通なのです。
そのためにも専門家に見てもらい、適切な処置をしてもらうほうが薄毛の治療に近道であることは言うまでもありません。

治療費は一か月いくら?


一般的な病気であれば、保険が適用されて治療費用が高額になることはありません。


それでは、AGA治療の治療費はどうなのでしょうか。
一般的にAGAというのは深刻な病気という類いのものではありません。


そのため、AGA治療は健康保険の適用外ということになります。
AGAの治療は美容整形と同じような分類になるからです。


そのため、AGAの治療については自由診療ということになります。
これは、専門病院が自由にAGAの治療費を決めることができるということです。


それでも、病院もあまりにも高くしてしまうと患者が来ませんので、治療費の相場が存在します。
飲み薬であるプロペシアなどは、薬価が決まっているので、治療費も判断がつきやすいです。


プロペシアによる治療の相場は薬価で、一ヶ月分が7千円から1万円程度になります。
AGA治療ではプロペシアを服用することは一般的なので、これに診察費を上乗せすることで、一ヶ月のAGA治療費を判断することができます。


また、プロペシアの後発の飲み薬として、ジェネリック医薬品も登場しています。
それらを処方してもらうとさらに安くAGA治療を受けることができます。


また、塗り薬である、ロゲインやリアップなども1万円以内で処方を受けることができるようになっています。

AGAに効果がある発毛剤、育毛剤は市販でも購入可?


AGAに効果のあるとされる育毛剤や発毛剤はたくさん発売されています。
中でも、厚生労働省がその効果を認めているのが、ミノキシジルです。これはリアップに含まれている成分で、ドラッグストアなどで入手が可能です。


専門病院でも処方されているものですから、その効果のほどは期待できるといってもいいでしょう。


また、リアップの他にも高い効果が期待できる塗り薬が多数発売されています。
これらの育毛剤は3ヵ月以上は、最低でも使い続けないとその効果がわかりません。


これは、髪の毛が自然に抜けて次に同じ毛根から髪の毛が生えてくるまでに3ヵ月かかることが理由です。
そのため、自分にあった育毛剤を見つけるまでに時間がかかることになります。


それでも、一つでも自分に合った育毛剤を見つけるとそれが一生物になるのです。
もっとも、育毛剤を一度使い続けるとそれを一生使い続けなくてはいけないということになりますね。

くせ毛の人は髪が抜けやすく薄毛になってしまうのは本当?

髪が薄くなるのは誰でも嫌なことですので、できることなら薄くならないでほしいものです。

しかし、何らかの原因で薄くなってしまうこともありますし、人間なら誰しもいつかは薄くなってしまうので遅かれ早かれ何らかの方法で対処しなければいけません。

そんな薄毛は髪が抜けることによって起こりますが、髪が抜けてしまうのは遺伝や食生活、生活習慣や髪質などの様々な原因によって抜けてしまいます。

そこで気になるのがくせ毛の人は髪が抜けやすい?ということです

くせ毛の人は髪が抜けやすいということを聞いたことがある人もいるかもしれませんが、これは半分正解と言えるでしょう。

くせ毛は髪がやせ細ることによってなりますので、髪にしっかり栄養が行き届いていないということになります。

また、くせ毛になるとコシやハリなどが無くなりますので髪のボリュームが無くなってしまいます。

それに、薄毛の初期症状は髪が細くなりますので、細いくせ毛の場合は要注意ということにもなります。

とは言っても、元々くせ毛だった人は髪が抜けやすくなるわけではありません。

最も危険なのは急に髪質が変化してくせ毛になってしまう人です。

そうした人は薄毛になる可能性が高いので何らかの方法で早めに対応する必要があります。

急な髪質の変化は危険信号

最近、急に髪質が変化したという人はいませんか?

それは、薄毛が進行しているかもしれませんので気を付けておかなければいけません。

それまで直毛だった人が髪質の変化によってくせ毛になってしまうのは抜け毛が増えるサインでもあります。

余程のことがない限り髪質が変化することはありません。

しかし、髪質が変化するということは何かが原因になって頭皮や髪を傷めていると考えられます。

自分で心当たりがなくても髪質は変化しますし、それによって抜け毛増えて薄毛が進行していきますので、髪質が変化した人は放っておくと薄毛になってしまいますので早めに改善することをおすすめします。

元々くせ毛だった人は薄毛が進行するとは言えませんし、必ず薄毛になってしまうとも言えませんので、生活習慣や食生活に気を付けながら生活していれば良いでしょう。

抜け毛の前兆とも言える急な髪質が変化は髪のパサつきやコシなどもなくなってしまいますので薄毛になる可能性を高めてしまいます。

こうしたことからも分かるように急に髪質が変化したら薄毛が進行しているかもしれませんので、入浴後などの髪を乾かすときにしっかり変化をチェックするようにしましょう。

少しでもくせ毛になっていたらすぐに対処してください。

頭皮の栄養が足りないと髪に癖がつきやすい

くせ毛

自分の髪質がどんなものなのかは簡単に把握することができます。

ですので直毛の人がくせ毛になるとすぐに気づきますが、くせ毛になっただけだからと言って放置してはいけません。

そのくせ毛は抜け毛が増える原因にもなりますし、もしかしたら薄毛が進行しているかもしれないからです。

そもそも、くせ毛になってしまうのは髪の成長に必要な栄養が足りていないからですし、栄養があっても髪まで行き届いていないことも考えられます。

栄養が足りないと髪は成長しませんので細くなってしまいます。

そして髪が細くなるとくせがついてくせ毛になってしまいます。

こうしてくせ毛になると髪が抜けやすくなって薄毛になる可能性を高めてしまうのです。

様々な原因によって栄養が足りなくなったり行き届きにくくなるのは良いことではありませんので、髪が細くなってきた人やくせがついてきたという人は、しっかりヘアケアして薄毛にならないようにしましょう。

薄毛は未然に防ぐことも可能ですので早めに対応してみてください。