頭皮ケア

頭皮のベタベタは治すことが可能なのか?

頭皮は顔などと比較して、皮脂腺や汗腺がとても多い部分です。
そのため、皮脂や汗が多く出てしまうのです。
顔と頭皮はつながっているので、顔が脂性の人、ニキビや吹き出物が出やすい人は、頭皮も脂性であることが多いといえるでしょう。

脂性の頭皮になってしまう原因には色々あります。
まず、「シティスキン症候群」というものがあります。
これは、様々な化学物質を体内に取り込んでしまうことで、体の抵抗力が衰えていって、皮脂の分泌に異常が出てくるものです。

そして食べ物です。
甘いものをたくさん食べると、皮脂の分泌が過剰になっていきます。
糖分は脂肪に変化し、体に蓄えられるようになるからです。
果物なども、果糖と呼ばれる糖分が多いので、食べ過ぎると脂性の頭皮になりやすくなるのです。

また、脂漏性皮膚炎や、薬の影響などから皮脂が過剰分泌してしまうこともあります。
脂性の頭皮は、シャンプーして10分くらいで脂が指についてくる頭皮の状態です。
症状としては、脂の固まったような大きなフケが出てくることがあるのです。

このようなフケが毛穴に詰まってしまうと、毛穴が炎症を起こすこともあります。
さらに皮膚の病気の可能性もあります。

また、吹き出物やしっしんなどの皮膚のトラブルが出やすくなるのです。
もちろん、これらの症状を抑えることで脂性をある程度克服することができます。

頭皮のベタベタは抜け毛の原因

皮脂汚れが、髪の毛の毛穴に詰まってしまい、そこから髪の毛が酸欠、さらには栄養が欠乏することによって、髪の毛が、細くなり、やがては抜け落ちてしまう、というようなイメージがあるでしょう。実際にそのように思っている人は多いと思います。

頭皮の皮脂の汚れは、抜け毛・薄毛とは無関係なのですが、そもそも毛穴に汚れが詰まってしまうということがおかしな話でもあるのです。

毛穴の汚れがあっても、髪の毛が自然と伸びるので、汚れというのは自然に排出されていくものです。
溜まり続けることや詰まり続けることは、ありえないというわけですね。

皮脂の役割は頭皮や髪の毛を守ること
皮脂が悪者であると思ってしまっている人は、実際に多いと思いますが、皮脂の役割は頭皮や髪の毛を守るためにあるものです。

皮脂が悪者だと信じて、徹底的にまでシャンプーをしてしまう方が髪の毛や頭皮に良くありません。
過剰なシャンプーで皮脂を落としすぎると、髪の毛も傷みますし、頭皮も傷みます。

また、不足した分の皮脂を補おうと更に多い皮脂を分泌するようになります。
ということで過剰なまでのシャンプーにメリットはありません。

但し、皮脂に脂分が多すぎると湿疹ができることもあります。
脂漏性湿疹という頭皮の湿疹なのですが、皮脂に脂分が多すぎると一時的にこうした疾患になることがあります。

単なる湿疹であれば、自然と治癒するのですが、悪化してしまうと抜け毛が増えることもあります。
ただし、これはAGAとは原因が異なるもので、頭皮の炎症である湿疹さえ治まればすぐに元に戻るでしょう。

頭皮環境に良い食べ物

ほうれん草

出来るだけ皮脂を抑制してくれる食べ物があれば言うことはありません。
そして、それがビタミンCやビタミンB6、さらにはビタミンB2を多く含んでいる食べ物なのです。

ビタミンCを多く含んでいる食べ物
緑黄色野菜(ほうれん草・パセリ・ピーマン、イチゴやレモンなど

ビタミンB6を多く含んでいる食べ物
緑黄色野菜(パセリ・かぼちゃ・しそ)、魚類(マグロ・サンマ・カツオ)

ビタミンB2を多く含んでいる食べ物
鶏やレバー、たらこや納豆など

ビタミンCやビタミンB6やビタミンB2を多く含んでいる物がおすすめです。
これらのビタミンは皮脂の抑制だけではなくて髪の毛を元気に育てていくのにもとても良い食べ物なのです。

頭皮が痛い!ヒリヒリするその原因とは?

毎日しっかり頭皮ケアをしていてもトラブルになってしまうことはあります。

その頭皮のトラブルは様々なことが原因で起こってしまいますし、ちょっとしたトラブルだと思っていたら思いがけない症状があらわれて改善できにくくなってしまうこともあります。

そして、頭皮のトラブルでヒリヒリ痛くなったことがある人はいませんか?

そうした人は頭痛のように頭が痛くなることや頭頂部などの部分的な痛みが生じているのではないでしょうか。

もしかして偏頭痛かなと思ってしまいますし、風邪などによる頭痛かなと思うこともあるでしょう。

しかし、頭皮がヒリヒリ痛いときは頭皮神経痛も考えられます。

特に頭頂部や後頭部の頭皮が痛くなるのは頭皮神経痛が原因だと考えられます。

痛みが長く続くようであれば病院に行って診てもらったほうが良いでしょう。

頭皮神経痛は放っておいても治りませんし、痛みが強くなることもありますので早めに診てもらうのが良いです。

頭皮神経痛で頭皮が痛む

頭皮トラブルの一つに頭皮神経痛があります。

この頭皮神経痛とは頭皮に激しい痛みが継続的に起き、ヒリヒリと我慢できないような痛みを感じますので、頭皮神経痛になった人は辛い日々を送らなければいけません。

原因はストレスや生活習慣の乱れ、姿勢の悪さや肉体疲労など様々ですが、主に新陳代謝が順調に行われなくなることが原因とされています。

また、痛みを感じる時は髪の毛を触った時や何もしていないのに耳の後ろが痛くなること、眼球の奥の方が痛くなることや後頭部全体が痛くなることもあります。

痛みを感じる部分や強さは個人差がありますが、どの部分が痛くなっても我慢できないくらいの鋭い痛みを伴います。

それと、頭皮神経痛には大後頭神経痛、小後頭神経痛、大耳介神経痛の3種類に分けられています。

大後頭神経痛は後頭部から頭頂部にかけて痛みが伴い、小後頭神経痛は側頭部が痛くなり、大耳介神経痛は耳の後ろに痛みが生じます。

このような頭皮神経痛は後頭神経痛とも呼ばれており、痛みが和らいでいる時間もありますが、その時は頭皮に違和感や痺れなどを伴うことがあります。

ですので、安心できる時間は短いですし睡眠不足になってしまいますので早く解消したほうが良いのです。

原因と解消法

頭皮神経痛は痛みを伴いますので常に辛くてイライラしてしまいます。

また、長く続けば他の部分も悪くさせてしまう可能性もありますので早く解消しなければいけません。

では、どのような方法で頭皮神経痛を解消すれば良いのでしょうか?

そもそも頭皮神経痛はストレスが主な原因とされていますので、まずはストレスを感じないようにすることや上手く解消するのが良い解消法とんります。

趣味や買い物などでストレスを解消するのも良いですし、精神的ストレスを解消しやすくする栄耀を積極的に摂取するのも良いでしょう。

特にカルシウムやマグネシウム、ビタミンCやパントテン酸が効果的とされています

カルシウムはイライラを抑えることができ、そのカルシウムを吸収しやすくするのがマグネシウムです。

ビタミンCはストレスを抑えながら頭皮環境を良くすることができますし、パントテン酸は抗ストレスホルモンを作り出すことができます。

このパントテン酸は納豆やレバーなどに多く含まれていますので積極的に食べるようにしましょう。

こうした解消法を試すのも良いのですが、それと一緒に体力の低下や免疫力の低下を防いでいかなければいけません。

栄養バランスが偏らない食事をとったり質の良い睡眠をしっかりとることが大切です。

それに、新陳代謝が活発になるように背筋を伸ばして良い姿勢に心がけることやランニングなどの程よい運動も行うようにしましょう。

汚い!スーツに大量のフケが!すぐに改善する方法

スーツの襟のあたりにパラパラしたフケが…
そのような乾性フケの正体は、乾燥して剥がれ落ちた角質です。

空気の乾燥のほか、ストレスや不規則な生活、さらには病気などの内的な要因によってフケが出ることが多いです。
また、シャンプーやカラーリングによる頭皮の肌荒れなどさまざまな要因によっても起こります。

・季節的要因
乾性フケが増えやすい季節は冬です。これは空気の乾燥が原因です。
肌や頭皮にとって快適といわれる湿度は60~65%ですが、10月から5月になるまで60%を上回ることがありません。
つまり1年のうち7カ月は、乾燥の季節が続くということです。
寒さによって血行不良になると、肌や頭皮の乾燥はますます進みます。
しかし、暖房をつけると、部屋の湿度は一気には20%台まで下がることもあります。
冬の熱いお風呂も皮脂を奪う原因となり、乾燥はさらにエスカレートするのです。

・体調不良
頭皮は生活習慣の影響がダイレクトに出やすい部分です。
ストレスフルな生活や睡眠不足、脂っぽい食事が続いてしまうと、フケがさらにひどくなる場合があります。
体がストレスを感じると自律神経の働きが弱まり、循環器、リンパといった「体のめぐり」が悪化します。
末端に十分な栄養分や酸素を届けられずに、頭皮が荒れてしまうのです。

・加齢
年をとると、若いころのようにお肌のしっとり感はなくなってきます。
これは角質層の間を埋めていた細胞間脂質や、真皮層で肌のハリを保っていたコラーゲン、さらにはヒアルロン酸の量が減っていくのが原因です。
全身の皮膚に同じことが起こるので、当然ですが頭皮も弾力を失ってしまい、潤いがなくなるにつれてフケが増えていくのです。

老化によるフケの原因

老化

若い頃よりフケが増えたと感じることはないでしょうか。
毎日きちんとシャンプーをしていても、フケが増えたように感じることがあります。

それは、頭皮が老化しているからなのかもしれません。
フケは、新陳代謝によって頭皮の古い角質細胞がはがれたものです。

これは、年齢に関係なく発生します。
ところが、頭皮環境が悪化してくると、シャンプーでは洗い流しきれないほど、フケが大量に発生し、さらには大きな固まりとなることがあります。

個人差はあるのですが、頭皮は顔や体の皮膚と同様、年齢を重ねると、皮膚細胞の新陳代謝の周期が次第に遅くなります。
健康な新しい皮膚への生まれ変わりが遅くなると、頭皮のトラブルを招く恐れがあるのです。

また、加齢によって、皮脂の分泌量が減少していきます。
そうなると、頭皮の水分の蒸発を防いでくれる皮脂膜が不足して、頭皮が乾燥してしまい、それによってダメージを与えてしまうのです。

このように、加齢は頭皮の環境を悪化させるとともに、フケを増やす可能性があるのです。
それでも、体の外と中からケアを行うことで、頭皮の状態を正常に戻せば、フケを減らすことができます。
フケを減らして、美しく健やかな頭皮と髪を手に入れましょう。

シャンプーや育毛剤が原因の可能性も

フケを落とそうとして、洗浄力が強すぎるシャンプーを使うと、頭皮の皮脂を必要以上に落とすので、頭皮を保護する力が弱まり、水分が蒸発してしまうのです。
すると、頭皮がもっと乾燥し、より一層フケが増える原因になります

育毛剤を使い始めたと同時に起こったのでしたら、それは副作用かもしれません。
確かに、育毛剤の中には刺激となる成分が配合されているものもあります。

そのため、もともと肌の弱い人はかゆみやかぶれが発生することもあるのです。
育毛剤には1回あたりの使用量というものが決められています。
そのフケの原因、もしかしたら育毛剤の塗りすぎかもしれません。

なぜ育毛剤を塗りすぎるとフケが増えるのでしょうか。
もし仮に育毛剤の塗りすぎが原因だとすると、どうしてフケが起こるのでしょうか。

頭皮が荒れてしまうから
育毛剤は頭皮にある髪の毛の細胞に働きかけて強く太い毛を育てることが目的です。
そのため、1回の効果が発揮できるように、決められた使用量というものがあるのです。

それ以上に使いすぎてしまうと、育毛剤の中の成分によって頭皮が荒れてしまう事があります。
フケは古くなって頭皮からはがれ落ちた細胞です。
フケが生じるということは新陳代謝が活発になった証拠でもあるのです。
しかし、あまりに大量のフケが出る場合は、刺激によって細胞が剥がれ落ちている状態だと言えますね。

発毛剤が頭皮を刺激してフケの原因に

発毛剤などでフケが改善できる理由は、頭皮の環境を整える成分が配合されているからです。
そのままにしておくと皮脂が毛穴につまって、発毛を邪魔してしまうのです。
そのため、過剰な皮脂の分泌をおさえる成分が、発毛剤には配合されているのです。

頭皮の炎症を抑える成分が配合されている
さらに発毛剤でフケが改善できる理由は、頭皮の炎症を抑える成分が配合されていることです。
たとえば、脂漏性皮膚炎による炎症では、頭皮が赤みを持ちかゆみが起こります。

乾燥性皮膚炎では頭皮が乾燥してかさかさになるので、痛みを感じることもあります。
そんなトラブルの起こりがちな頭皮の炎症をおさえる成分で、フケの発生を防いでいるのです。

無添加であること
発毛剤に余分な添加物などの成分が入っていると、それが原因でフケを起こすことがあります。
だからこそ、育毛剤は添加物を一切使っていないことが望ましいのです。
無添加処方でしたら、敏感肌の人でも安全に育毛することができます。
頭皮にとって安心な発毛剤を選ぶようにしましょう。

頭皮環境を整えるとフケは絶対に出ないのか?

フケ知らずの健やかな頭皮環境を目指して、まずは育毛剤の使い方の見直しをしましょう。

育毛剤によってフケが起こる…
そんなことがあれば、育毛剤を使う事自体が怖くなってしまう人もいるでしょう。

それでも、フケの原因は育毛剤だけではないということはすでにわかっています。
正しい育毛剤の使い方と選び方によって、フケ知らずの健やかな頭皮を保つことができるのです。

良い状態の頭皮に改善したら、髪の毛が生えてくるのが楽しみにもなりますね。
頭皮環境を整えることで、皮脂量が安定します。

フケが全く出ないということは考えられないのですが、皮脂量が安定するとフケの量をしっかりと抑えてくれるのです。