芸能人の間ではもう常識?AGAの治療法とは?

薄毛の印象はそれほどいいものではありません。
それが、テレビ出演など露出が多い仕事である芸能人にとっては尚更でしょう。


そこで、芸能人が好んで行うAGA対策がAGA治療です。
AGAの値用には大きく分けて2種類があります。


1つ目の治療法は、頭髪の発毛や育毛を促す治療薬を服用することです。


または外用薬を頭皮に塗布する方法などもあります。
代表的な治療薬として処方されるのは、プロペシアという内服薬とミノキシジルという外用薬です。
いずれも厚生労働省からその効果を認められているものです。


プロペシアというのは製品名で、プロペシアに含まれる育毛成分である、フィナステリドがAGAを引き起こす原因となるDHTのはたらきを抑制するのです。
また、外用薬であるミノキシジルは頭皮の血行を良くし、毛母細胞に刺激を与えることによって発毛を促す効果があります。


そして2つ目の治療法ですが、これは、施術を伴う方法です。
AGA治療薬や、髪の成長を促す「成長因子」と呼ばれる栄養分を頭皮に直接注入する方法です。
発毛や育毛を促す「メソセラピー療法」や「HARG療法」は、現在、新しいAGA治療法として注目を浴びている施術です。


そして後頭部など、髪の毛がある部分から毛根ごと皮膚を採取して、毛根のない薄毛の部分に移植する「自毛植毛」という方法もあります。


植毛では人工毛を植毛した場合、皮膚トラブルやアレルギーを引き起こやすいという欠点がありました。
それが、自毛植毛の場合では自分の細胞を移植するのですから、皮膚トラブルやアレルギーはほとんどないのが特徴です。

専門病院で受けられるAGA治療


AGAの治療法は大きく分けて2種類ですが、人それぞれ薄毛の原因や進行状況などは異なるのが普通です。
というよりも薄毛に悩む人の数だけ対処方法が違ってくると考えていいでしょう。


むやみに治療薬などを服用しても、自分の薄毛の症状に合っていなければ意味がありません。
ですので、自分にとって最適な治療法を事前に理解しておくことが大切なのです。


そのためにも、一度しっかりと医師の診察を受けておいたほうがいいでしょう。
AGA治療は皮膚科などの専門病院で受けることができます。


また、数あるクリニックの中でも、特にオーダーメイド処方や独自の治療法など、一人ひとりの薄毛に適した治療が受けられる専門病院を選ぶようにしましょう。


まずは、自分一人で薄毛に対して悩んでいても、それが解決策に結びつくことはありませ。
人知れず、育毛剤などを使ってもそれが継続しなくては意味がありません。


また、それが薄毛に対して有効なのかどうかも素人の目には判断がつかないのが普通なのです。
そのためにも専門家に見てもらい、適切な処置をしてもらうほうが薄毛の治療に近道であることは言うまでもありません。

治療費は一か月いくら?


一般的な病気であれば、保険が適用されて治療費用が高額になることはありません。


それでは、AGA治療の治療費はどうなのでしょうか。
一般的にAGAというのは深刻な病気という類いのものではありません。


そのため、AGA治療は健康保険の適用外ということになります。
AGAの治療は美容整形と同じような分類になるからです。


そのため、AGAの治療については自由診療ということになります。
これは、専門病院が自由にAGAの治療費を決めることができるということです。


それでも、病院もあまりにも高くしてしまうと患者が来ませんので、治療費の相場が存在します。
飲み薬であるプロペシアなどは、薬価が決まっているので、治療費も判断がつきやすいです。


プロペシアによる治療の相場は薬価で、一ヶ月分が7千円から1万円程度になります。
AGA治療ではプロペシアを服用することは一般的なので、これに診察費を上乗せすることで、一ヶ月のAGA治療費を判断することができます。


また、プロペシアの後発の飲み薬として、ジェネリック医薬品も登場しています。
それらを処方してもらうとさらに安くAGA治療を受けることができます。


また、塗り薬である、ロゲインやリアップなども1万円以内で処方を受けることができるようになっています。

AGAに効果がある発毛剤、育毛剤は市販でも購入可?


AGAに効果のあるとされる育毛剤や発毛剤はたくさん発売されています。
中でも、厚生労働省がその効果を認めているのが、ミノキシジルです。これはリアップに含まれている成分で、ドラッグストアなどで入手が可能です。


専門病院でも処方されているものですから、その効果のほどは期待できるといってもいいでしょう。


また、リアップの他にも高い効果が期待できる塗り薬が多数発売されています。
これらの育毛剤は3ヵ月以上は、最低でも使い続けないとその効果がわかりません。


これは、髪の毛が自然に抜けて次に同じ毛根から髪の毛が生えてくるまでに3ヵ月かかることが理由です。
そのため、自分にあった育毛剤を見つけるまでに時間がかかることになります。


それでも、一つでも自分に合った育毛剤を見つけるとそれが一生物になるのです。
もっとも、育毛剤を一度使い続けるとそれを一生使い続けなくてはいけないということになりますね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*