頭皮が痛い!ヒリヒリするその原因とは?

毎日しっかり頭皮ケアをしていてもトラブルになってしまうことはあります。

その頭皮のトラブルは様々なことが原因で起こってしまいますし、ちょっとしたトラブルだと思っていたら思いがけない症状があらわれて改善できにくくなってしまうこともあります。

そして、頭皮のトラブルでヒリヒリ痛くなったことがある人はいませんか?

そうした人は頭痛のように頭が痛くなることや頭頂部などの部分的な痛みが生じているのではないでしょうか。

もしかして偏頭痛かなと思ってしまいますし、風邪などによる頭痛かなと思うこともあるでしょう。

しかし、頭皮がヒリヒリ痛いときは頭皮神経痛も考えられます。

特に頭頂部や後頭部の頭皮が痛くなるのは頭皮神経痛が原因だと考えられます。

痛みが長く続くようであれば病院に行って診てもらったほうが良いでしょう。

頭皮神経痛は放っておいても治りませんし、痛みが強くなることもありますので早めに診てもらうのが良いです。

頭皮神経痛で頭皮が痛む

頭皮トラブルの一つに頭皮神経痛があります。

この頭皮神経痛とは頭皮に激しい痛みが継続的に起き、ヒリヒリと我慢できないような痛みを感じますので、頭皮神経痛になった人は辛い日々を送らなければいけません。

原因はストレスや生活習慣の乱れ、姿勢の悪さや肉体疲労など様々ですが、主に新陳代謝が順調に行われなくなることが原因とされています。

また、痛みを感じる時は髪の毛を触った時や何もしていないのに耳の後ろが痛くなること、眼球の奥の方が痛くなることや後頭部全体が痛くなることもあります。

痛みを感じる部分や強さは個人差がありますが、どの部分が痛くなっても我慢できないくらいの鋭い痛みを伴います。

それと、頭皮神経痛には大後頭神経痛、小後頭神経痛、大耳介神経痛の3種類に分けられています。

大後頭神経痛は後頭部から頭頂部にかけて痛みが伴い、小後頭神経痛は側頭部が痛くなり、大耳介神経痛は耳の後ろに痛みが生じます。

このような頭皮神経痛は後頭神経痛とも呼ばれており、痛みが和らいでいる時間もありますが、その時は頭皮に違和感や痺れなどを伴うことがあります。

ですので、安心できる時間は短いですし睡眠不足になってしまいますので早く解消したほうが良いのです。

原因と解消法

頭皮神経痛は痛みを伴いますので常に辛くてイライラしてしまいます。

また、長く続けば他の部分も悪くさせてしまう可能性もありますので早く解消しなければいけません。

では、どのような方法で頭皮神経痛を解消すれば良いのでしょうか?

そもそも頭皮神経痛はストレスが主な原因とされていますので、まずはストレスを感じないようにすることや上手く解消するのが良い解消法とんります。

趣味や買い物などでストレスを解消するのも良いですし、精神的ストレスを解消しやすくする栄耀を積極的に摂取するのも良いでしょう。

特にカルシウムやマグネシウム、ビタミンCやパントテン酸が効果的とされています

カルシウムはイライラを抑えることができ、そのカルシウムを吸収しやすくするのがマグネシウムです。

ビタミンCはストレスを抑えながら頭皮環境を良くすることができますし、パントテン酸は抗ストレスホルモンを作り出すことができます。

このパントテン酸は納豆やレバーなどに多く含まれていますので積極的に食べるようにしましょう。

こうした解消法を試すのも良いのですが、それと一緒に体力の低下や免疫力の低下を防いでいかなければいけません。

栄養バランスが偏らない食事をとったり質の良い睡眠をしっかりとることが大切です。

それに、新陳代謝が活発になるように背筋を伸ばして良い姿勢に心がけることやランニングなどの程よい運動も行うようにしましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*