頭皮から石油のような臭いが!その原因は・・・

頭皮の臭いというと、石油のような独特な臭いがすると思います。
これは、地肌から分泌された皮脂が関係しているのです。

もっとも、顔に浮き出ている皮脂をぬぐって、その臭いを嗅いでみればわかるのですが、肌から分泌されている皮脂は、本来であれば、何も臭いがしないのです。

それなのに、なぜ頭皮の皮脂は、石油のような悪臭を放つようになるのでしょうか。
それは、皮脂の分泌が過剰になることが原因なのです。
皮脂が臭うメカニズムを紹介します。

皮脂というと、ベタつきやテカり、毛穴の詰まりなど、悪い印象ばかりが目立ちがちです。
しかし、皮脂は本来とても重要な役割を持っているのです。
その1つは、皮膚や髪の毛に、うるおいやなめらかさを与えて保護することです。

そしてもう1つは、皮膚を弱酸性に保って、雑菌の繁殖を抑制することです。
しかし、皮脂が過剰に分泌されたりすると、毛穴に詰まった皮脂が酸化し、皮脂をエサにしている雑菌が繁殖してしまいます

その雑菌が脂肪酸を排出したりすることによって、石油臭い臭いがするようになるのです。
また、皮脂に繁殖する雑菌によって頭皮が刺激されると、ターンオーバーが乱れてフケが出やすくなります。
このフケをエサにして、さらに雑菌が増えるという悪循環に陥るのです。

頭皮を洗いすぎると逆効果

それにしても、どうして頭皮の皮脂の分泌量がそんなに増えてしまうのでしょうか。
まず第一に考えられるのは、頭皮の洗い過ぎです。
ベタつきや臭いが気になってしまうと、とにかく皮脂を落とそうと1日に何度もシャンプーをしたり、洗浄力の強いシャンプーを使ってしまいがちになるのです。

しかし、皮脂は頭皮にとって必要なものですから、皮脂を落としすぎると頭皮を守るために脳は皮脂の分泌量を増やすように命令してしまうのです。

また、脂っこいものや甘いもの、さらにはアルコールの取り過ぎ、そして不規則な生活や過剰なストレス、睡眠不足なども、皮脂の分泌を過剰にする原因になるのです。

臭い解消にはオクトが良い?

シャンプー

頭皮の臭いや強い痒みに悩ませれたことはないでしょうか。
加齢臭のような嫌な臭いのする頭皮の状態は嫌なものです。

誰かに知られてしまう前に、早急に頭皮をケアしたいと思う人は少なくないでしょう。
頭皮のトラブルの原因は、皮脂によるものです。

加齢によるものやストレス、そしてシャンプーでの洗いすぎなど、皮脂分泌が活発になることによって、臭いと強い痒みが発生してしまうのです。

酸化した皮脂というのは、何とも言えない不快な臭いを放ってしまいます。
頭皮の臭いや痒み対策には、シャンプーの見直しが効果的です。

毎日使用するシャンプーですから、その選び方一つで頭皮環境が大きく変わってくるのです。
臭いや痒み・フケなどの頭皮トラブル対策におすすめなのが薬用のオクトシャンプーです。

オクトピロックスという、地肌ケアに適した成分が配合されているので、頭皮に悩みを抱える女性たちに、現在大変注目されているシャンプーなのです。

このオクトピロックスが抗菌と抗酸化作用を発揮して、頭皮から分泌される皮脂の酸化や頭皮の常在菌の繁殖による臭いを抑えながら、フケ・かゆみを抑制し、健康的な地肌を目指すことができるようになります。
さらにデオドラント効果によって、頭皮の臭い防止にもつながるのです。

頭皮の皮脂分泌が活発になると、頭皮が痒くなってしまい掻きむしってしまう人も多いことでしょう。
フケが出て周りの目が気になるという人も、少なくないのではないでしょうか。
オクトシャンプーは、洗い上がりがとにかくサッパリしています。

髪質によっては、少しだけきしむ場合もあるかもしれませんが、それも髪の毛を乾かしていくうちに、あの脂臭い頭皮の改善が実感できるようになります。
ふんわりサラサラな髪の毛と風通しの良いスッキリとした頭皮からは、それまでの不快な皮脂の臭いは全く感じられません。

オクトの口コミも多く、その多くが好意的な口コミです。
効果を実感しやすいと言われている人気の高いオクトシャンプー。
頭皮の臭いと痒み対策に、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*