無農薬じゃなくてもオーガニックコスメ?

おすすめ↓オーガニックコスメ

無農薬じゃなくてもオーガニックコスメ?

最近は、食べ物だけではなく肌に直接触れる物にもこだわりを持っている人が多いようです。

 

そのため、スキンケアやコスメまですべて肌に優しいオーガニックにこだわり、できるだけ農薬を使わず自然な状態で育てられた植物を主成分にしているものが肌にも良いと考えられています。

 

確かに、添加物や化合物、たくさんの農薬を使った成分が肌に吸収されると考えると、恐ろしいですよね?

 

できるだけ肌に優しく、そして環境にも優しいものが好まれるは当然かもしれません。

 

オーガニックブームもあり、たくさんのメーカーからオーガニックコスメが発売されています。

 

今や特別なものではなく、当たり前のようにこれを選ぶ人が多いのです。

 

しかし、実際にオーガニックだけで作られていると信じ、使い続けている人にとって驚くべき事実があります。

 

それは、オーガニックコスメと表記されているものの中には、すべてが無農薬ではない場合があるのです。

 

実は、オーガニックコスメは、成分のどれか一つだけでも無農薬でオーガニックならば、その他の成分が違っても「オーガニックコスメ」になってしまうのです。

 

 

私たち素人がオーガニックコスメを選ぶ際は、なんの疑いもなく無農薬で肌に優しい成分だけで作られているから安心だと思ってしまいます。

 

しかし、すべての成分をしっかり確認してみると、オーガニック成分は一つしか入っていないなんてこともあり得るのです。

 

オーガニックコスメ 農薬

 

オーガニックでも注意すべき成分

 

私たちは、オーガニックという言葉を耳にすると「安心、安全」と勝手に解釈してしまいますよね?

 

敏感肌やアトピー肌でも、オーガニックコスメならかぶれることなく、安心して使うことができると思っています。

 

肌が弱いと一般的なコスメを使うだけで、症状が悪化し最悪の場合は病院に行かないと治らないこともあります。

 

ですから、このような肌の人は自分が使うコスメには人一倍気を使い、慎重に選んでいるのです。

 

 

確かに、オーガニックコスメは普通のものよりも肌に優しい成分で作られていますが、人によってはその成分のなかに合わないものが含まれていることがあります。

 

特に、アレルギー体質の人はコスメに含まれる何らかの植物成分で反応が起こることがあります。

 

これは、体質によってそれぞれ違うため、しっかり成分を確認してから使用するようにしましょう。

 

 

また、長くケミカルコスメを使い続けてきたは肌は、かなり弱っており敏感になっていることが多いのです。

 

ですから、バリア機能が低下しオーガニックコスメによって荒れたように感じることがあります。

 

しかし、実際はケミカルコスメの成分にごまかされ逆に肌の機能を低下させていただけで、肌本来の状態を取り戻し始めただけなのです。

 

しばらく使い続けることで、化学成分でごまかした偽物の肌ではなく、肌本来の美しさを取り戻すことができるのです。

 

 

本物のオーガニックコスメを選ぶためには?

 

それでは、本当に肌に優しい本物のオーガニックコスメを選ぶには、どのような点に気を付けたら良いのでしょうか?

 

まずは値段です!

 

本当に手間暇かけて作られたものは、そんなに安く販売できるはずがありません。

 

ものすごく高ければ良いと言うわけではありませんが、あまりにも安いものは防腐剤や色素などに化学成分が使われている可能性が高いので気を付けましょう。

 

無農薬

 

たった一種類しかオーガニック成分が含まれていないことも多いので、デパートのカウンターで購入する場合は、成分についてしっかりと説明を受けると安心です。

 

できればすぐに購入するのではなく、試供品で肌に合うのかをチェックしてみると良いでしょう。

 

 

また、通販での購入では多くのメーカーでお得に試すことができるトライアルセットが用意されています。

 

まずは本当に肌に合うのかを確認し、それから購入すると失敗なく本物のオーガニックコスメにめぐり会えるはずです。

 

 

オーガニックコスメは、肌本来の美しさを取り戻し老化を遅らせる効果も期待できます。

 

自分に合ったコスメを見つけ、自分の本当の肌を取り戻しましょう。

 

↓オーガニックコスメランキング1位・オラクル!