オーガニックコットンとは?

おすすめ↓オーガニックコスメ

オーガニックコットンと普通のコットン・・質は同じだった!

最近はオーガニック専門のお店がたくさんあり、食品だけではなく衣類までこだわる人が多いことがうかがえます。

 

もちろん、オーガニックに対してきちんとした知識を持ち、自分や家族が口にする物、肌に触れるものすべてをオーガニックでそろえたいと思う人もいます。

 

しかし、実際にはオーガニック=体に良い、肌に優しいというイメージだけで選んでいる人が多いようです。

 

オーガニック

 

たくさんの添加物や化学成分にまみれた世の中ですから、オーガニックに対する関心はこれからも大きくなるはずです。

 

私たちは何も考えずにオーガニックという文字がついていれば、安心、安全だと思い、逆にそれ以外の物に安心感を持っていないのかもしれません。

 

最近は衣類の多くはナイロン、アクリル、レーヨンなどが使われることが多く、肌触りや見た目が良いのですが肌の健康を考えると不安が残るのです。

 

そのことが再認識されるようになり、コットン100%、オーガニックコットンというだけ人気が出るようになったのです。

 

 

小さな子供や敏感肌の人はできるだけコットン100%の生地をを選ぶと思いますが、そのなかでもオーガニックは特別な存在です。

 

無農薬で肌に害になる成分は一切含まれない。

 

そんな安心感から最近ではコットンよりもオーガニックコットンの方が高級で安心なイメージがあります。

 

 

しかし、以前林先生の番組で紹介されていましたが、オーガニックコットンと普通のコットン。

 

実はそれほど違いがないのですが、値段はオーガニックの方が高いことが多いそうです。

 

違いがないはずはありませんよね?

 

もちろん栽培方法は異なりますが、驚くことに消費者の手に渡った時には、ほとんど変わりないものになっているそうです。

 

 

何が違うの?

 

普通のコットンとオーガニックコットン、何が違うと思いますか?

 

もしコットンの下着を購入するとしたら、少し高くてもオーガニックを選ぶ人が多いようです。

 

それは、二つの間には大きな違いがあり、オーガニックの方がより肌に良い生地だと確信しているからです。

 

 

しかし、タオルや下着、衣類などの製品になった状態では、普通のコットンとオーガニックコットンの質はほとんど変わらないことが分かったのです。

 

もちろん、オーガニックの方が手間暇かけて栽培された綿で作られているので、値段も高くなりますが質が同じならオーガニックを選ぶ必要はないはずです。

 

同じならば安い方を買うのは当然ではないでしょうか?

 

 

オーガニックと認定されるには、かなり厳しい条件をクリアしなくてはなりません。

 

農薬だけではなく、栽培方法や土までその基準に合ったもので行い、栽培にかかる年数やコストも普通のコットンとは比べ物になりません。

 

そのコットンは当然化学成分や農薬が付着していないので、安全なのです。

 

しかし、普通の農薬をたっぷり使って栽培されたコットンも、私たちの手に渡る頃には残留農薬が分解され、オーガニックの質と変わらないのです。

 

 

それでもオーガニックを選ぶ利点

 

オーガニックコットンと普通のコットンの質が同じであれば、わざわざ高い方を買う必要はないと思いますか?

 

それは当然の考えですが、実はオーガニックを選ぶ利点は自分や家族だけのためではないのです。

 

オーガニックコットン

全てのオーガニック製品に言えることですが、栽培時に農薬を使わないのは簡単なようで、実はとても手間がかかることなのです。

 

農薬使うことで害虫から綿を守ることができますが、無農薬の場合はそうはいきません。

 

人間の手と目で害虫から綿を守り育てなくてはならないのです。

 

 

農薬を使うと便利で楽なようですが、土や水、空気を汚染することでもあります。

 

環境汚染をなくし、同時に地球と農家の人たちと家族の健康を守ることにもつながるのです。

 

つまり、オーガニック製品を選ぶと言うことは、環境を守ることになるのです。

 

 

↓オーガニックコスメランキング1位・オラクル!