オーガニック化粧品とは?

自然派!オーガニック化粧品の効果・選び方

オーガニックコスメの定義とは

 

なるべく肌に優しい成分で作られた化粧品を使いたいと思う人たちはオーガニックコスメを好んで使っているようですが、そもそもオーガニックコスメの定義っていまいち分かりませんよね?

 

オーガニックと言う言葉の響きがお洒落なのでそれを使うことで満足している人が中にはいるのでは・・

 

モデルさんや芸能人が実際に愛用しているコスメを紹介するときに度々登場するのがこのオーガニックコスメと言われるもので、ボトルなどがお洒落なんですよね〜

 

オーガニック化粧品

 

オーガニックコスメはもちろん肌が弱い人や無添加の物にこだわる人が使用するようですが、実は各化粧品メーカーが独自に「オーガニック」と位置づけているだけで、日本にはきちんとしたオーガニックコスメの定義は存在しないのです!

 

これって色々審査が厳しい日本で意外なことだと思いませんか?

 

商品として販売する際は色々基準があり安心して購入できると思っていたのですが・・意外とアバウトなんですね?まだオーガニックが定着していないために基準がないだけでしょうか?

 

オーガニックコスメの歴史が長い海外ではきちんとした定義があり、それを認定する機関があるので決められた基準をクリアすることで始めてオーガニックコスメとして認められ商品に認定マークに印刷を許されるのです!

 

もちろん、日本でも海外のオーガニックコスメが購入できるので、本物を選びたいと考える人はぜひこの認定マークを参考にしてみてください。

 

そのマークがあれば海外の厳しい基準をパスした本当のオーガニックコスメと言うことなのです!

 

オーガニック化粧品 効果

 

日本のオーガニックコスメは必ずしもオーガニックではないのかもしれませんよね?ですから「オーガニック」という言葉だけで判断するのはとても危険で、もしかしたら肌に合わない成分が含まれる可能性もあるので、信頼できるブランドを選ぶなどしたほうが良いかもしれませんね。

 

最近はデパートでもオーガニックコスメの専門店があり人気ですよね?各化粧品メーカーでも独自のオーガニックコスメを出すなど、肌に余計な物を与えず本当に必要な物だけを適量を与えることで、肌本来の美しさを引き出すことができるという考えが広まってきた証拠かもしれません。

 

人工的に作られた美白成分などでひどい副作用が起こった事件がありましたが、そのようなこともきっかけになりなるべく人工的な成分を使用しないコスメが求められるようになったのかもしれませんね!確かに、毎日肌に直接塗るものですから無添加で優しい成分が安心です。

 

 

分かりにくいオーガニック化粧品の用語を解説

 

無添加素材と天然由来素材

 

無添加と天然由来

 

オーガニックコスメが人気を集めている中、無添加や天然由来と言ったまるで自然な成分だけで作られたかのようなコスメが多く販売されていますよね?

 

とりあえずこの天然、無添加という表示があれば肌が弱い人でも安心して使用できると思ってしまいますが、実はどちらもすべての成分が無添加、天然ではなく成分の一部だけと言うことがほとんどなんです!

 

ほんの少しでも天然由来素材が配合されている、香料だけが無添加でもそう表記することができるためオーガニックコスメと同じように肌に優しい成分だけでできていると勘違いしてしまいがちです・・

 

ですから、オーガニックとは全く違うものだと思っていたほうが良いようです・・

 

どちらの素材も化学合成成分が全く入っていないわけではないので、アレルギーや肌が弱い人が使うと刺激がある場合も多いので、裏の成分表には他のケミカルコスメとほとんど同じ成分が表記されていることも多いので驚いてしまいます。

 

 

肌に優しい成分を使いたいと思う人が多くなる中、このような曖昧な表記のコスメが多いのが現状なので自分の目で見て調べることが大切なのかもしれませんね!

 

私たちも一部の言葉だけを信じるだけでは危険なのかもしれません。

 

オーガニック化粧品 選び方

 

オーガニックコスメとケミカルコスメの違い

 

一般的に販売されている化粧品の多くはケミカルコスメと言われていて、オーガニックコスメとは真逆な印象があります・・私の印象はオーガニックコスメは少し高級なイメージで贅沢な感じ、もちろんケミカルコスメも高級なものがたくさんありますが、肌への負担よりも、いかに肌をきれいに見せるかを目的に作られている感じがします。

 

 

ケミカルコスメは落ちにくくするために化学合成成分が含まれており、これにアレルギー反応や肌荒れを起こる人が多いようですが、なるべく肌への負担が少なく済むように作られてはいるので、ほとんどの人が快適に使っているのも事実で防腐剤が含まれるため快適に使用できる期間が長く、コツ要らずできれいメイクが完成するという特徴もあります。

 

しかし、このケミカルコスメは普通の石鹸や洗顔フォームでは落とすことができないため、強力なオイルやクリームなどのクレンジング剤が必要になり、なかには専用のメイク落としが必要なほど強力に肌に密着するものもあるので、それを毎日使用するとどうなるかは想像できますよね?

 

強力なクレンジング剤は、肌への負担になり必要な角質や潤いまでも洗い流してしまうため、肌本来の美しさを追求する人にとっては避けたい化粧品化もしれません・・実は化粧品の成分ではなくクレンジング剤に含まれるものに反応してアレルギーや肌荒れを起こす人も意外と多いようです。

 

オーガニック・ケミカル

 

それに比べてオーガニックコスメはもちろんオーガニック成分を使用したコスメなのですが、実は日本で販売されているものはオーガニックコスメの認定機関がないため曖昧と言えばそうなんです・・

 

一般的なオーガニックの定義は有機栽培された物だけを使っているはずですが、規定がいのですからそれぞれのブランドに任せていると言うことなのかもしれません・・

 

日本人の肌に合うように作られたオーガニックコスメは肌に優しいことは間違いなく、ケミカルコスメのように毛穴がふさがれ皮膚呼吸ができないような感覚がなく、とにかく軽いのが一番の特徴ではないでしょうか?

 

また、化学合成成分を含まないため石鹸だけでメイクが落ちるのも肌への負担をかなり減らすことにつながります。

 

オーガニックコスメとケミカルコスメの違い

 

オーガニックコスメにもケミカルコスメにもそれぞれ良いところはあり一概にどちらが優れているとは言えませんが、しっかりメイクをしたい人はケミカルコスメ、なるべく肌に負担をかけずにスキンケアをしながらメイクを楽しみたい人はオーガニックコスメが合っているのではないでしょうか?

 

おすすめオーガニックコスメNo1は、
こちら↓


 

そんなHANAオーガニックのトライアルを使ってみました!
→HANAオーガニックレビューはこちら

 

 

オーガニック化粧品が最も効果を発揮するパターンとは?

 

最後にオーガニック化粧品が最も効果を発揮出来るパターンとはどういう場合か?について書いていきます。

 

オーガニック化粧品が一番得意とするのは、40代以降の方などのエイジングケアが必要な方に対してです。

 

これは説明するまでもないですが、肌に負担をかけずに長期的な視野でスキンケアを〜というのがアンチエイジングの基本です。

 

化粧品の成分そのものの即効性ではなく、ある意味体質改善に近い効果をオーガニック化粧品で得る、そして自然な形で長期的な美肌を手に入れる!こんなイメージですね。

 

現在では、アンチエイジングは30代からというのが一般的です。

 

そこでオーガニック化粧品とともに、エイジングケア化粧品の知識も持っていると長期的な美肌を実現するのに大変有利になります。

 

特にオーガニック化粧品は高価な場合が多いので、いろいろな選択肢を持つのが現実的です。

 

30代以降の方はこちらもご参考にして下さい=おすすめアンチエイジング化粧品比較! お悩み別選び方ガイド

 

 

 

 
更新履歴